顧客を育てるために

リードの情報を管理することは、営業活動には欠かせません。マーケティングオートメーションでは、この情報をデータマネジメントとして、使いやすくデータベース化します。データベース化することにより、情報を管理しやすくなり、ひとつの情報から関連性の高顧客を引き出したりすることもできるようになるでしょう。逆に言えば、今回排除したい項目を入れることで、データベースの中から特定の企業や個人を引き出すこともできるようになるのです。

登録者数などの把握から、競合などの分析もできるようになるでしょう。実際の機能としては、データベースからの分析は非常に難しい作業となり、マーケティングオートメーションでも確実に導き出せるというわけではありません。ですが、最適化を進めることで情報の精度を上げ、確実な情報に近づけていくことは可能です。

リードとデータベースが出来上がると、見込み客を見つけ出し、育てることができるようになります。リードナーチャリングと呼びますが、情報を配信しつつ、営業できる対象に育てていくことができるのです。これも、情報を精査しその個人や企業によって、有用な情報を提供して行くことができるからこそ育てることができるといえるでしょう。こうした細かな対応も、マーケティングオートメーションのメリットといえます。