見込み客を作り出す

一般的に、高級商材を販売しようと考えた時に営業をかけることになります。その場合に、さまざまな情報を集めるのではないでしょうか。見込みがあるかどうかというところから、これまでのアポイント履歴なども含め、営業が参考にして活動します。

この情報を最適化するために、マーケティングオートメーションは生まれました。現在は、もっと大きく発展していますが、メール配信、Web、チャットなどの情報を一括管理してシステム化したものがスタートだったのです。ここからメリットを考えていくとわかりやすいでしょう。

営業をかけるとするのであれば、相手を見つけなければいけません。それがリードジェネレーションです。マーケティングオートメーションでは、イベントなどで交換した名刺、Webサイトからの登録などのデータを管理し分析して行きます。個人を特定するとともに、営業をできる下地を作るのです。

個人を特定できるようになると、その先の施策も取れるようになって行きます。セミナーなどで情報を得たりすることもポイントですし、サポートなどの情報から分析することも、リードジェネレーションです。これも、一括管理しているからこそできることであり、できるだけ多くの情報から見込み客を見つけ出し作りだすことは、大きなメリットとなるでしょう。